So-net無料ブログ作成

エル・グレコ展@国立国際美術館 [アート]

国立国際美術館にて「エル・グレコ展」
最終日とあって駆け込みの人で、結構人が多かったです。


panf1206.jpg
panf1206-2.jpg

上のパンフは上下合わせて
話題の「無原罪の御宿り」で、実物は横1.8mに対し縦は3.5mの
極端に縦長の作品でサンタ・クルス美術館にあります。
10等身までに引き延ばされねじれた聖母マリア…
鮮やかで絵画自体が光りを発しているよう。
縦長にのばしねじれた描き方、鮮やかな色彩など
グレコ独自の技法を駆使した集大成と言われている作品です。
72歳で描いた作品とは思えない。
圧倒的な存在感。

「無原罪の御宿り」とは、聖母マリア自信が情欲の交わりという汚れを知ることなく
生まれたという言い伝えのことで、この時代に流行った画題だそうです。


TV番組「美の巨人たち」を見てからの鑑賞でした。
この絵には「聖母被昇天」と 「無原罪の御宿り」という2つの画題が同時に描かれていると…。
深いですね~。


osaka2-09.jpg


エル・グレコは倉敷の大原美術館にも有名な作品があるので
知らない人はいないでしょう~というほどの
スペインの3大画家のひとりです。

本名は「メニコス・テオトコプーロス」
ギリシャのクレタ島生まれのギリシャ人です。

今回は、スペイン、アメリカ、フランス、イタリア、イギリス、ベルギー、ギリシャ
ポーランド、ハンガリー、プエルトルコ、台湾…
世界中から約50点が来日。

osaka2-03.jpg


国立国際美術館は、4月に来た「草間彌生展」以来かな~
新大阪の地下鉄の切符売り場で、じーと駅地図を眺めていると
すぐに地下鉄職員さんが寄ってきて、「どちらへ行かれますか?」と…
確か…以前にも同じ光景があったような…。
ありがたいです。

淀屋橋駅から川沿いに歩いていると
とてもかわいい像が…
思わず撮っちゃいました。

osaka2-02.jpg

「花の天女」だったかな…。

この日は、エル・グレコとともに
大丸心斎橋店で開催されている「アートアクアリウム展」を楽しみにしていたのですが
なんと1時間待ち、14階で開催されているのに
最後尾は13階です…と。
同僚が行った時には2時間待ちだったらしいので、まだましか~と思ったけれど
帰っちゃいました。(^^ゞ
1月21日までに行けるかな~。
こんなに人気なんだ~。知らなかった。^_^;


panf1206-3.jpg

panf1206-4.jpg

panf1206-5.jpg


nice!(4)  コメント(2) 

新年のご挨拶。 [雑感]

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。m(__)m

元旦から2度寝してしまいました。
今年は巳年ですね。
兄は年男か~。今年生まれてくる予定の姪(?)っ子は兄と同じ干支になるのか~
4まわり違う親子…。

正月らしい写真がないので
1年に1回、正月にしか生けない花。^_^;

shougatsu01.jpg

今年は、ゆりねを買い忘れたお雑煮。

shougatsu02.jpg

では皆様。
今年も幸多い1年となりますよう~。(^O^)/
nice!(2)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。